fc2ブログ

「 Cartogram Chair 〜カルトグラム・チェア 水上 雅章 彫刻展」

Category : 現代美術シッタカぶり
2013/7/23→8/4【ART SPACE NIJI】

8月に入りました。さて京都の夏はこれからが正念場です。
ということでまたまた2週間の個展なのに終盤にアップの体たらく。
仕事の疲れがだんだん抜けにくくなってきているプレ還暦。

ところで聞き慣れないカルトグラムとは何ぞや?
本来であれば白い地図に統計数値をビジュアル的に表したもので、
多分皆さんは知らず知らずのうちにご覧になっているはずです。
この白地図を車椅子の形状を用いて、実際の統計値を“彫刻”したシリーズ作品が
「カルトグラム・チェア」です。
一見すると奇異な車椅子が3点置かれています。
しかしステートメントを見て僕たちは一気に頷くことになります。

CIMG9556.jpg
↑カナダ

CIMG9554.jpg
↑インド

CIMG9555.jpg
↑そして、我がジャパン!

水上さんの作品ファイルを見てみると、
作品から表出する見えない部分は、
一見強烈なメッセージが込められているような印象をうけますが、
決してそうではありません。
そうであるならもっと過激でもっと破壊的な彫刻作品になったでしょう。
それではただ単なるアジテーションの可視化としての
造形がそこにあるばかりで、押し付けがましさに満ちたものになるはずです。
この3点の車椅子は社会的援助、つまり人助けですね。
いつか見た動画に、ある人が困っている人を助けた場合(この“助ける”という
レベルの解釈には様々な質量が関わってくるとは思いますが)、
その人は他の人に同様な行為をし、その連鎖で社会は住みやすい、
思いやりに満ちたものになる、という主旨のものがあり、
この実にアメリカ的(多民族国家であるという意味で)な動画は
まさに「助ける≒思いやり≒優しさ」というキーワードを通じて
アメリカは一つにならなければならない、という、大仰ではないにせよ、
或る「決心」が感じられました。
その決心はやはり「団結する国家」にならなければ、
脅威としっかり向き合えないんだ、という意思表明なのかも知れません。
代表的国際世論調査企業のギャラップ社が2006〜2008年の期間に、
OECD(経済協力開発機構)諸国を中心に38カ国で行われた調査で
各国1000人を対象とし「あなたは先月、困っている見知らぬ人の手助けをしましたか?」という
質問に対して「YES」と回答した割合は
トップはカナダの66.0%、以下アメリカ合衆国65.5%、オーストラリア64.6%と続き、
そしてにわかには信じられないのですが、日本は最下位で22.7%との結果でした。
水上さんは「優しさ」を象徴する椅子を「車椅子」と定義し、
その形状をそれぞれの数字から推し量り、
ここが肝心なのですが、そこに「水上さんのカルトグラム」と言うべき、
造形に反映させました。
もちろんこの表し方には水上さんなりの主観というものが関係し、
そして見る側がそれをどう彫刻作品として受容していくかも
とても面白いところです。
データを組み入れて造形に反映させるという方法も誰かがやりそうですが、
この数値からの比喩として成立させることにこそ意義があるのでしょう。
最下位の日本、これは震災前の調査ですから、
その後の日本人にこの数値が動くほどの変化があったのか、なかったのか気になります。

壁にかかる3つのステアリング。これは2009年総務省統計局発表の国際比較数値で、
1億台の自動車が1km走行する場合に起きる事故の回数を示したものです。
それにしてもいろいろな視点からのデータがあるものです。
ここでも日本は先進国中、堂々の最下位。
最も数値の低い、つまり事故率の低いフィンランド、
そして最も事故の多いモンゴル、そして日本をこの形に表したものです。

CIMG9547.jpg
↑美しすぎる…フィンランド

CIMG9548.jpg
↑日本、痛くて握れそうもない…

CIMG9549_20130802101813af8.jpg
↑モンゴル、ガラスの破片が刺さっています。

観客をこれらの作品を通じて、或る事実を知ります。
そして恐ろしいのはこの数値が現実に身に降り掛かった時です。
もうちょっとの手助けでなんとかなった、とか
まさか自分が事故に巻き込まれるなんて、といったことを経験された方には
ひと際、感じ入る作品ではないでしょうか。

あくまで彫刻家としてのスタンスから社会を見る。
これは芸術が社会と関係するためのもう一つの側面でもあります。
単なる批判や揶揄ではなく、
むしろ観客に向けて、様々なイメージを喚起させるということの方が
人々の感覚に深く浸透していくような気がします。
58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!