fc2ブログ

再構成、紙の向こう側 | アン・オンヘナ

Category : 現代美術シッタカぶり
1_20240412063203181.jpg

2024.03.15~03.17 03.21~03.24
03.28~03.31 04.04~04.07
13:00~19:00
【 KIKA contemporary art space 】

右ページは、レクト。
左ページは、ヴェルソ。
見てきたページ=既知と
まだ見ぬページ=未知。
(勿論、洋書であるからだが)
この一節を読んだ時に
静謐な美しい言葉に
出会った気持ちになり
会期滑り込みで仕事帰りに。

オランダのギャラリーとの
コラボレーション企画。
これは版画作品。
作家がアイスランドにて
撮影した夜空の写真が元だが
いざ現像してみると失敗だった、
と思われたものを拡大してみると
光る星がいくつか
浮かび上がっていたのだ、
と思われたものが
本当の星であるか否かは
定かではない。
だが様々な条件に起因する
それらの発光体こそ
ステイトメントにある、
”素材の特性と実制作の
不可視の交差点”に現れた
作家の好奇心を促す結果で
あることに変わりはない。

私たちが見ているものは
あくまで、表面である。
これは冒頭にある言葉、
レクトとヴェルソへと導かれる。
作家にとっては「月」が
それを象徴する。
私たちは月という天体物の
同じ顔しか認識していない。
そこに様々な面差しを想定し
物語はつくられてきた。
失敗と思えた対象が何であるかすら
知り得ないことへの
壮大な未知を
既知との相互関係の元、
表裏のポジションに置く。

こうして言葉にしてみると
なんとも心もとないが
ギャラリー空間を満たす
黒と白の間にある発見、
本と版とにある発見、
集合と単体とにある発見、
折ることへの祈りのような行為に
実に美しい展示のあり方を
見た。

アン・オンヘナ website↓
http://www.anonghena.com
アン・オンヘナ Instagram↓
https://www.instagram.com/anonghena/
ギャラリーサイト↓
https://kikagallery.com

2_20240412063205d30.jpg

3_2024041206320756c.jpg

4_20240412063207b8f.jpg

5_20240412063210421.jpg

6_202404120632108d5.jpg

7_202404120632120c8.jpg

8_2024041206321322b.jpg

9_2024041206321419c.jpg

10_20240412063216c0c.jpg

11_20240412063259fce.jpg

12_2024041206330244b.jpg

13_2024041206330377f.jpg

14_20240412063303ec1.jpg

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!